三重美少女図鑑モデルO.YOSHIMIのブログ【in Mie Love<ミエラブ>】

プロフィール

カレンダー

購入品

image0041.jpg

久しぶりに鈴鹿のベルシティに行ってきました。

近年、服飾小物類は増える一方なのであまり無駄遣いはしないように心掛けていて、洋服は一枚購入したら一枚処分するか誰かにあげるかしています。

過去の多数の失敗経験上(笑)欲しいな〜と欲が出ても
"いや、この欲はキリがないものだ"とか、一度よく考えてみてクローゼットを見て似たような物を持ってないかとか、
実際本当に使うのか確信してどうしても欲しい場合のみ購入していたのですが
先日はあろうことか一目惚れをしてしまい連れて返って来ました。

・プリントTシャツ…AZUL by moussy
・VネックTシャツ(ブルー)…ZARA
です。

最近は青色がお気に入りで、ZARAのブルーのTシャツはこの夏大活躍しそうです。

あともう一つ、私はヨガを習っているのですが、ヨガの先生からオススメして頂いて読んでいた「禅」という本(曹洞宗 徳雄山建功寺 枡野俊明住職著書)の書き下ろし第二弾の「禅-心の大そうじ」も創刊されていたので購入しました。

この本には、今の世の中では多くの人が悩み、迷い、心の大掃除を必要としていて
「禅語」が教える一語一語にもっとシンプルに生きる為・もっと楽にゆっくり生きる為の自分自身に立ち返るヒント、生き方の哲学が分かりやすく紹介されています。

枡野住職は禅の思想や日本の伝統文化を重んじ、住職兼庭園デザイナーでもありカナダ大使館・ベルリン日本庭園などをデザインし「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれています。

中でも私のお気に入りの"本来無一物"(ほんらいむいちもつ)という言葉。
禅を開花させた慧能禅師が残した言葉だそうですが、"人間は生まれながらにして持っているものなど何もない"ということです。

人は、生きていくうちにいろいろなものをまとい、それが手放せなくなる。
家族をなくしたくない、財産を失うのは嫌だ、肩書きは守りたい…などなど。そして、それに縛られてしまう。
しかし、あの世には、何も持っていけない。無一物でこの世に別れを告げることになる。
そこに気づいたら沢山の執着に気付いて幾分か心が軽くなった気がしました。

"本来無一物、無一物中無尽蔵"
"人間は生まれながらにしてもっているものなど何もない。しかし、誰もが無限大の可能性を秘めている"
だから何も恐れることはない。何も心配することはない。
飾らない自分で生きるコツや、"気づき"を教えて頂いた一冊です。

COMMENT(2)

本来無一物、無一物中無尽蔵" "人間は生まれながらにしてもっているものなど何もない。 しかし、誰もが無限大の可能性を秘めている" だから何も恐れることはない。何も心配することはない。

なるほど
ためになりました。
残暑厳しいです。
夏バテに注意して下さいー

>CATCHのすーさん
コメントありがとうございます。
人間は生まれながらにして持っているものは何も無い。
―ただ可能性だけは十分に秘めている。
そう思ったら肩の力、ふっと楽になりますよね。そして、よし!ってなんだかわくわくしてきます(笑)

残暑厳しいですね。
お気遣いありがとうございます。
明方は秋風を少し感じますので、気温差に気をつけて下さいね。

COMMENT